TLK Project: Since 1988

Macintoshシステム、バージョン6対応のチベット文字入力システム「ドゥク・システム」が、1980年代後半、ブータン王国政府の要請と助成を受けて、ブータンの国語であるゾンカ語のコンピュ-タ利用のために開発されました。コーディネーターの今枝由郎(CNRS, France 当時ブータン国立図書館顧問)は Steve Hartwell(当時 Apple International, France)と共同して、Eric Colombelの助力のもとにプログラミングを公開しました。また、そのポストスクリプトフォント「Druk」は Peter Lofting(LaserQuill, Windsor, England)の手になるものでした。

1990年代初頭、アップル社のWorldScript機能の開発にともない、ドゥク・システムはそれに対応することが求められました。そのため、大谷大学真宗総合研究所西蔵文献研究班はその開発を引き受けて、ドゥク・システムをWorldScript7.1に対応する「Tibetan Language Kit for Macintosh」として完成させました。この「Tibetan Language Kit for Macintosh」(TLK)は今枝由郎(CNRS)およびSteve Hartwell(MultiScript Solutions International, Paris, France)の協力を引き続き得ながら、さらに福田洋一(当時、東洋文庫研究員、東京)の協力も得て開発されました。フォント「Kailasa」は福田洋一によって作成されたものです。こうして開発されたTLKは、1995年にSchloss Seggau (Austria)で開催された、第7回国際チベット学会および、大谷大学で開催された第43回日本西蔵学会大会で配布されました。

TLK 7.6の開発では、大谷大学真宗総合研究所西蔵文献研究班は引き続き今枝由郎、Steve Hartwell、福田洋一の協力を得、また新たに協力を得た野村正次郎(当時、早稲田大学、東京)により、彼の作成したフォント「Kokonor」が追加されています。

21世紀に入り、MacOSがUNIXベースのMacOS Xへと大幅にバージョンアップされた後、文字コードがMacOSエンコーディングからUNICODEへとバージョンアップされたのに伴い、TLKもバージョンアップする必要がでてきました。そこでこれまでのTLKの開発によって培われてた経験を活かし、新たに三宅伸一郎、野村正次郎、Steve Hartwellが中心にMacOS Xへの対応バージョンを開発し、Kailasa、Kokonor両フォントの大幅なバージョン・アップとキーボードの新たな開発を行ないました。その後MacOS X 10.4 Tigerに対応したパブリック・ベータバージョンを開発し、2006年正式にアップル社の次期オペレーティング。システム MacOS X Leopardに搭載されることが決定し、2007年10月MacOS X Leopardに搭載されました。

TLK Project Team

今枝由郎 Yoshiro Imaeda
Centre national de la recherche scientifique, France; Dzongkha Development Commission, Bhutan

兵藤一夫 Kazuo Hyodo
Director, Shin-Buddhist Comprehensive Research Institute, Otani University

福田洋一 Yoichi Fukuda
The Toyo Bunko; Professor, Otani University

三宅伸一郎 Shin’ichiro Miyake
Otani University.

野村正次郎 Shojiro Nomura
CEO, Kokonor Inc.; General Secretary of MMBA.jp

スティーブ・ハートウェル Steve Hartwell
Apple Computer, Multiscript Solutions Inc.

大谷大学真宗総合研究所西蔵文献研究班 研究補助員一同
All the hard-working graduate students at the Tibetan Works Research Project, SBCRI, Otani University

Contributors

Peter Lofting
Dzongkha Development Commission, Bhutan; Apple Inc.

Lee Collins
International Tool box, Apple Inc.

Royal Government of Bhutan Sponsor, Dzongkha Development Commission

Eric Colombel
Dzongkha Development Commission

Pierre Robillard
Dzongkha Development Commission